金製品のお手入れ・メンテナンス

金製品の効果的なお手入れ方法と使用上の注意点

このページではの手入れと使用上の注意点を紹介していきたいと思います。
金というのは酸に強く、錆びない金属と言われていますが、それでもメンテナンスを怠ると劣化していきます。
劣化してしまうと元通りにするのは不可能で、いくら相場に準ずるからといって買取額は相場通りにならず安くなってしまいます。
そのため、金を高く買取ってもらいたい場合には日頃から気をつけて使っていく必要があります。
愛着があれば適当に使うということはないとは思いますが、日常の中で金の劣化を早めてしまうことがあるため、気をつける必要があります。
ここでは主にジュエリーに関しての手入れと注意点を紹介します。

日頃から気をつけるべきこと

①温泉など混合水にはつけない

基本的に金は水による錆びなどの影響はありません(純金の場合)。
そのためお風呂につけて入るのは全く問題ありません。
しかしながら、温泉の場合は注意が必要で、温泉に含まれている成分が金やその他配合されている金属に反応して変色を起こしてしまうことがあります。
一度変色してしまうと元の輝きを失ってしまうため、温泉に入る時は必ず外しましょう。
また、何かしらの薬品が含まれている水にもつけないようにしましょう。

②使用後はセーム革や柔らかい布で拭く

金は錆びることがほとんどありませんが、汗や埃、化粧品の付着により汚れてしまいます。
これを放置しておくと ”取れない汚れ” へと発展していきます。
そのため、使用後は出来る限りセーム革や柔らかい布などで拭いてあげることが大切です。
子供用の歯ブラシとかでも構いません。
表面に付着した汚れを磨くだけなので簡単ですし、金の輝きや状態の維持に効果テキメンなので、使用後は出来るだけ汚れを落としてあげ、もし毎回する余裕がない場合は定期的に汚れを落としてください。

③保管時は一つ一つ分ける

使用後に保管する場所ですが、多くの方がジュエリーボックスなどを利用していると思います。
ただ、たくさんのジュエリーをまとめて一緒に保管するのは傷の原因になってしまいます。
金は比較的傷がつきにくい金属ですが、無傷を貫くことが出来る金属ではありません。
ジュエリー同士が擦れることで細かな傷がついてしまい価値が下がるのはもちろんのこと、見た目の輝きにも影響を与えます。
そのため、使用後は一つ一つ仕切りを作って個別に保管することをお薦めします。
細かな傷は研磨することで消すことが出来ますが、場合によってはより傷がついてしまうことがあるため、新品仕上げをお願いするか、日頃から傷つかないようにしていく必要があります。

お手入れ・メンテナンスの方法

付着した汚れがひどく、布やセーム革を用いた簡単な手入れでは汚れが完全に落ちない場合、中性洗剤を利用する方法があります。
中性洗剤は汚れを浮かび上がらせてくれるため、簡単にピカピカな状態に戻ります。

1、ぬるま湯に少しだけ中性洗剤を混ぜる
2、中性洗剤の入ったお湯に金製品を浸し10分ほど待つ
3、表面をブラシや布で磨く
4、中性洗剤を落とすために水ですすぐ
5、水分を落とし、再度布などで軽く拭く

手入れの際の注意点

宝石がついている場合、中性洗剤の使用は効果的ですが、ブラシで磨くのはやめましょう。
代用品として柔らかい布を用いることをお薦めします。
また、巷で効果的と言われている歯磨き粉を用いるのもやめましょう。
歯磨き粉がイイと言われているのは研磨剤が含まれているからです。
しかしながら歯磨き粉に含まれている研磨剤は意外と強力なので傷の原因になります。

上記のように日頃から気にかけ大切に使ってあげ、万が一汚れがひどくなってしまった場合は中性洗剤を用いることで金の綺麗な輝きと取り戻すことができ、状態を維持することができます。
大切に扱うことで高額で買取りしてもらえるため愛着を持って使用していきましょう。

金製品の効果的なお手入れ方法と使用上の注意点関連ページ

金売却の際にかかる税金について
金の買取を行っている方は、もちろん個人の方だけではありません。さまざまな業種の方が、こういった金を購入したり売 […]
金製品の製造元・機関
金を資産として所有する場合ですが、恐らくインゴットとして所有すると思います。 こういった金を購入する場合、どこ […]
知っておきたい金メッキ4つの見分け方
恐らく、金買取の初心者の方でも金の価格が高騰していることを知っていると思います。 2000年を境に、日々金の価 […]
金の純度を自宅で簡単に調べる方法
金には必ず純度があります。 24Kや18K、14Kなどなどその純度で製品の価値も大きく変化します。 ここでは、 […]
金投資の基礎知識
近年、不安な社会情勢の中で金の価値が非常に見直されてます。 太古の時代から人間と金の関係は深いものがありました […]
金の純度について
金の買取をしようと思っている方だけでなく、金製品に興味を持つ方も金について疑問を持っている事があると思います。 […]
金の歴史について~世界を動かす力を持つ金属~
現在、記録に残っている限りでは、金は紀元前6000年頃にはすでに存在しており、古代シュメール人が金を用いた装飾 […]
投資価値の高いインゴット(金地金)について知っておこう!
最近よくインゴットという言葉をよく聞くと思います。 インゴットはいわゆる地金と呼ばれているもので、金だけでなく […]
金の種類について(ホワイトゴールド・ピンクゴールド等)
金といっても様々な製品がありますが、最近では純金に他の金属を混ぜる「合金」の人気が高まっています。 合金には銀 […]
本物の金と偽物の金の効果的な見分け方を伝授致します!
金は高価で需要があるため、偽物が結構出回っています。 ネットオークションや通販で金製品を購入する場合には特に注 […]