金製品の本物・偽物の見分け方

本物の金と偽物の金の効果的な見分け方を伝授致します!

金は高価で需要があるため、偽物が結構出回っています。
ネットオークションや通販で金製品を購入する場合には特に注意が必要で、店頭で販売されている物でさえ偽物の可能性があります。
売却の際に査定に出すことで初めて偽物であることに気付いたという人は少なくありません。
これから金製品を購入しようと考えてる方、もしくは現在お持ちの金製品が本物なのか確かめたい方のために、このページでは見分け方を紹介したいと思います。

刻印がされているか確かめる

基本的にほとんどの金製品には純度を表す刻印がされています。
『K24』『K22』『K18』『K14』『K10』といった刻印がされている場合、8割方は本物であると認識して大丈夫です。
また、刻印にも様々あって、『K24』『K18』『K14』のような刻印は日本製に多いですが、海外製の物なら金の配合率をパーセントで表す『1000』『750』『585』といった刻印がされている場合もあります。
その他、金製品にはメッキ加工がされているものもあり、メッキの種類を表す『GP』『HGE』『RGP』『GF』『GEP』も刻印の一種となります。
このように基本的にどの金製品にも上記の刻印がされており、刻印があれば本物である可能性は高く、刻印がなければ偽物の可能性があります。
刻印というのは絶対ではなく、ないものでも本物の可能性はありますし、あっても偽物の可能性はあるので一つの見分け方として理解しておいてください。

磁石をあてて確認する

見た目は完全に金であるものの、使用されているものが完全に金ではなく、大部分を金メッキ加工をすることで、生産コストを下げ本物だと偽って販売されている金製品が存在します。
この場合、磁石をあてることで確かめることができます。
反応があれば偽物の可能性が高く、反応がなければ本物である可能性が高いです。
ただし、18Kや14Kのように混ざっている他の金属の割合が多い場合、それらの金属に対して反応してしまうケースがあるので、磁石も絶対ではないということを覚えておきましょう。
ちなみに使用する磁石は100円ショップで売ってるもので結構です。

比重で確かめる

金製品というのはそれぞれ比重があり、『K24』『K22』『K18』『K14』『K10』など純度ごとにもある程度比重が決まっています。
その比重にマッチしているかどうか確認することで本物であるか見分けることが出来ます。

比重=空気中の重量÷(空気中の重量-水中の重量)

方法としては金製品を水中に沈めてその体積から重量を割ることで求められますが、ご自宅で実践するのは少々難しいため、あまり推奨できる方法ではありませんが、これも一つの効果的な見分け方なので記載しておきました。

硝酸などを用いて確認する

金は硝酸には全く反応しませんが、メッキ部分が多い偽物の場合は反応し、緑色をした泡が出ます。
硝酸はどこの家庭にも置いてある薬品ではありませんし、取り扱いには注意が必要な強い薬品であるため、ご自身で使用されるのはあまりお薦めできませんが、これも代表的な見分け方の一つです。
ちなみに、金メッキ加工がされているからといってそれが偽物あるという意味ではなく、銀や銅など安価な金属の表面に金メッキ加工をすることで金製品であると偽って加工されているものを偽物と呼んでいます。

上記の方法は一般的に効果的だと言われている見分け方です。
しかしながら、偽物の金製品の中には精巧に作られているものや、金メッキ加工がふんだんにされているものは、表面的にはそのものであり、まず見た目では判断することが出来ません。
また、証明書として発行される鑑定書やギャランティーカードなど購入の際に付属されるものがあれば安心してしまいますが、海外で購入される場合や、ネットオークションや通販で購入される場合は証明書が付属していても偽物の可能性はあるため、出来る限り正規店や信頼のおけるお店で購入するようにしましょう。
安さに惹かれて購入してしまっては後悔することになりかねないので注意しましょうね。

本物の金と偽物の金の効果的な見分け方を伝授致します!関連ページ

金売却の際にかかる税金について
金の買取を行っている方は、もちろん個人の方だけではありません。さまざまな業種の方が、こういった金を購入したり売 […]
金製品の製造元・機関
金を資産として所有する場合ですが、恐らくインゴットとして所有すると思います。 こういった金を購入する場合、どこ […]
知っておきたい金メッキ4つの見分け方
恐らく、金買取の初心者の方でも金の価格が高騰していることを知っていると思います。 2000年を境に、日々金の価 […]
金の純度を自宅で簡単に調べる方法
金には必ず純度があります。 24Kや18K、14Kなどなどその純度で製品の価値も大きく変化します。 ここでは、 […]
金投資の基礎知識
近年、不安な社会情勢の中で金の価値が非常に見直されてます。 太古の時代から人間と金の関係は深いものがありました […]
金の純度について
金の買取をしようと思っている方だけでなく、金製品に興味を持つ方も金について疑問を持っている事があると思います。 […]
金の歴史について~世界を動かす力を持つ金属~
現在、記録に残っている限りでは、金は紀元前6000年頃にはすでに存在しており、古代シュメール人が金を用いた装飾 […]
金製品の効果的なお手入れ方法と使用上の注意点
このページでは金の手入れと使用上の注意点を紹介していきたいと思います。 金というのは酸に強く、錆びない金属と言 […]
投資価値の高いインゴット(金地金)について知っておこう!
最近よくインゴットという言葉をよく聞くと思います。 インゴットはいわゆる地金と呼ばれているもので、金だけでなく […]
金の種類について(ホワイトゴールド・ピンクゴールド等)
金といっても様々な製品がありますが、最近では純金に他の金属を混ぜる「合金」の人気が高まっています。 合金には銀 […]