金の純度

金の純度について

金の買取をしようと思っている方だけでなく、金製品に興味を持つ方も金について疑問を持っている事があると思います。
その疑問というのが、恐らく金の純度だと思います。
まず、金製品を購入する時もそうですが、必ず金には価格がついていますよね。
そして、その価格が高かったり安かったりするのは、そのメーカーやブランドの質で決まっていると思っていませんか?確かに、ブランドであったりデザインなどが価格に強く影響を与える事は間違いありません。
しかし、金についてはもっと大切な部分があります。
それが、金の純度というものなのです。
金の純度と一言でいってもよく分からないと思いますので、ここでは金の純度に関しての情報をお伝えしていきますので、是非参考にしてみてください。

金の純度のイメージ?

まず、純度と聞くとどういったイメージを持たれるでしょうか。
そもそも、金の純度という事は純度が低い金が存在しているのか?と、いう疑問も浮かびますよね。
基本的には、金というのは柔らかく加工しやすい性質を持っているのですが、壊れやすいとも言えます。
そのために、他の貴金属などを合金し、金だけでの製品づくりをしない事が一般的なのです。
つまるところ、今世の中でアクセサリーなどが溢れていますが、純金で出来てるアクセサリーは少なく、何かが混ざっていてカタチをとどめられているのです。
もちろん、純度が低いからダメなもの、という事ではなく、それはデザインやその目的に応じたものなので、それはそれで大切なものですよ。

金の純度とは?

では、金の純度とはどういった事か細かく説明していきます。
金の品位という言葉でも置き換えられていますが、基本的には24分率で区切られています。
つまり、24で区切っているという事は、100%が24であり、そこからの分率で下がって行くと18,14などと分ける事ができるようになるのです。
そして、このマックスの24を表記する場合ですが、24Kという事となります。
そして、数値などを出す場合は18金と言った場合は24/18となるので、1000%をマックスとしたら750%となります。
18金というアクセサリーがあったとしたら、それはその商品に750%分金が含有されていると考えられます。
これが、金の純度という事になるのです。

金の純度の数値が決まっている訳

しかし、ここで気になってくるのが、あまり聞き慣れない分率で金製品が作られていない事だと思います。
要するに、24K、22K、18Kなどなど、聞き慣れた数値でしかアクセサリーが無いと思います。
勿論、工業用であったり様々な部分を考えると、細分化されていくでしょうが、我々が一般的に使えるものに関しては、あまり細かいところまで分率されていないのです。
17.5金など、余り聞きませんよね。
その理由は、まず加工をする段階で丁度良いバランスというのが、決まっているからなのです。
純度などを考えて行き、ほど良いバランスで金を残す事でアクセサリーとしての価値を上げられるのです。
そのために、金の純度というのは大まかに決まっていると覚えておきましょう。

金の純度のバランスから生まれる金製品

先程もお伝えしましたが、金の純度が下がって行く事で割金というテクニックを使って製品が出来ます。
実は、この金に様々な貴金属を合わせるとことで、独特の色味などを出す様々なゴールドが出来上がります。
よく聞いた事があるとは思いますが、まずはピンクゴールド。
こちらは、なんと銅を金に混ぜ合せているのでこういったピンクがかった、そんな色味が出るのです。
そして、グリーンゴールドと呼ばれているもの。
こちらは、シルバーが混ざっており、その独特の性質からか緑みがかったルックスとなるのですね。
最後に、ホワイトゴールド。
こちらは、プラチナやパラジウムを合金します。
プラチナのように見えるのに安価なので、こちらも大人気です。
是非、純度も気にして金製品を見てみてはいかがでしょうか。

金買取名古屋.jpのTOPへ

金の純度について関連ページ

金売却の際にかかる税金について
金の買取を行っている方は、もちろん個人の方だけではありません。さまざまな業種の方が、こういった金を購入したり売 […]
金製品の製造元・機関
金を資産として所有する場合ですが、恐らくインゴットとして所有すると思います。 こういった金を購入する場合、どこ […]
知っておきたい金メッキ4つの見分け方
恐らく、金買取の初心者の方でも金の価格が高騰していることを知っていると思います。 2000年を境に、日々金の価 […]
金の純度を自宅で簡単に調べる方法
金には必ず純度があります。 24Kや18K、14Kなどなどその純度で製品の価値も大きく変化します。 ここでは、 […]
金投資の基礎知識
近年、不安な社会情勢の中で金の価値が非常に見直されてます。 太古の時代から人間と金の関係は深いものがありました […]
金の歴史について~世界を動かす力を持つ金属~
現在、記録に残っている限りでは、金は紀元前6000年頃にはすでに存在しており、古代シュメール人が金を用いた装飾 […]
金製品の効果的なお手入れ方法と使用上の注意点
このページでは金の手入れと使用上の注意点を紹介していきたいと思います。 金というのは酸に強く、錆びない金属と言 […]
投資価値の高いインゴット(金地金)について知っておこう!
最近よくインゴットという言葉をよく聞くと思います。 インゴットはいわゆる地金と呼ばれているもので、金だけでなく […]
金の種類について(ホワイトゴールド・ピンクゴールド等)
金といっても様々な製品がありますが、最近では純金に他の金属を混ぜる「合金」の人気が高まっています。 合金には銀 […]
本物の金と偽物の金の効果的な見分け方を伝授致します!
金は高価で需要があるため、偽物が結構出回っています。 ネットオークションや通販で金製品を購入する場合には特に注 […]